オハナの職人の『ちょっと一言』

 >  > モニエル瓦の塗装について

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:木原 和洋木原 和洋『モニエル瓦の塗装について』

こんにちは。福岡市・春日市・那珂川町・太宰府市・大野城市・筑紫野市を中心に屋根塗装・外壁塗装工事を行っております(株)オハナカラーラボラトリーの木原和洋です!本日のオハナ工事の内容は、『モニエル瓦』について書かせて頂きます。モニエル瓦、ご存知ですか?見分け方は、瓦の切り口(小口)部分が、このモニエル瓦はガタガタとなっています。一般的なセメント瓦は、小口部分が滑らかです。モニエル瓦にはスラリー層(着色セメント)という層があります。年月が経ち劣化し出すとスラリー層が表面化し、こすると手に付くようになります。塗装の際には、このスラリー層を高圧洗浄にてしっかり落とすこと・下塗りを基本的に2回することが大切です。せっかく塗装しても、これを怠るとすぐに塗装が剥がれてしまうことがあります。写真は、スラリー層が手に付く状態⇒小口部分のガタガタの写真⇒洗浄⇒下塗り⇒中塗り(下塗り2回目)⇒上塗り1回目⇒上塗り2回目の順で掲載致します。ご覧ください。

  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る