オハナの職人の『ちょっと一言』

 >  > 下地処理の重要性

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:木原 和洋木原 和洋『下地処理の重要性』

福岡市南区・城南区・早良区・西区・糸島市・春日市・大野城市・那珂川町・太宰府市・筑紫野市を
中心に屋根塗装・外壁塗装、住宅リフォーム工事を行っております㈱オハナの木原です。
本日は、塗装工事における下地処理について掲載させていただきます。
下地処理とは、洗浄やケレン(錆や汚れを落とす作業)、シーリング工事やひび割れ補修など
色々あります。塗装をすると、素人から見ると下地処理をしたかどうか分からない部分も
ありますが、下地処理が後の仕上がりに影響しますので、きちんと写真を撮ってもらうなど
の注意をした方が良いです。
①シーリング撤去(既存のシーリングがひび割れなどを起こしている際は撤去します)
②シーリング撤去後、プライマー塗布
③新しいシーリング材充填
④ケレン作業(錆や汚れを落とす作業です。旧塗膜や錆を落とせるだけ落とします。)
⑤錆止め作業(錆止め塗料を塗布し、上から上塗り材を塗布します)

  • 下地処理の重要性
  • 下地処理の重要性
  • 下地処理の重要性
  • 下地処理の重要性
  • 下地処理の重要性
  • 下地処理の重要性
  • 下地処理の重要性
  • 下地処理の重要性
  • 下地処理の重要性
  • 下地処理の重要性

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る