オハナの職人の『ちょっと一言』

 >  > 屋根の防水性が低下すると・・・?

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:坂本 光繁坂本 光繁『屋根の防水性が低下すると・・・?』

福岡市南区・城南区・早良区・西区を中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を
おこなっております㈱オハナの坂本です。

屋根の防水性が低下したら起きることを本日はお話しさせて頂きます。
防水性がなくなると、主成分であるセメントに雨水が染み込んでいき、屋根の劣化が
進みます。そうなると、苔や藻の育成しやすい環境になるだけでなく雨漏りの原因とも
なります。夏の暑い日や冬の零下にいては吸収した水が膨張し屋根材の反りや
割れを誘発し更に劣化が進んでしまいます。
特に北面は、日当たりが悪く苔や藻が生えやすい状況になります。苔などの発生は
表面の防水性が低下している証拠です。屋根の下には、二次的な防水機能を果たす
ルーフィングシートという防水シートが全面敷かれているのですぐに雨漏りするという
ことはありません。しかし、水が侵入する状況が4~5年も続いてしまうとシートを超えて
しまい天井のシミとなって現れてきます。そうなると、屋根の葺き替えをしなければ
ならない状態となってしまい、費用的にも3倍ほどの負担が出てきてしまいます。
そうなる前に、定期的に屋根の点検をすることをお勧め致します!!
写真は、スレート瓦の塗膜剥離・苔の発生・変色の写真を掲載致します。

  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?
  • 屋根の防水性が低下すると・・・?

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る