オハナの職人の『ちょっと一言』

 >  > スレート瓦について

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:寺崎 一成寺崎 一成『スレート瓦について』

福岡市南区・城南区・早良区・西区を中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を
行っております㈱オハナの寺﨑です。
本日は、スレート瓦について書かせていただきます。スレート瓦は、内容成分85%がセメント
15%が石綿(アスベスト)で構成されています。このアスベストは、解体時などに人体の
健康に影響があるため2004年を境にアスベストに替わる繊維質で構成されるようになりました。
2004年以前にお家を建て、スレート瓦が使用されているお家の方は十分ご注意ください。
アスベストは、セメントで固められていると飛散の問題はほぼないと言われておりますが、
解体の際などは、取扱いや作業着に付着した粉塵を丁寧に払わなければならないなどの注意
事項があります。
スレート瓦の主成分はセメントですが、この素材自体に防水性はありません。
工場出荷時に表面を塗装した状態で出荷されています。その時の塗装はアクリル塗装という
もので、この耐久年数は5年〜7年と言われています。そのため、新築時から10年くらい
経つと防水性が切れ、苔の発生・塗膜剥離・変色などが見られるようになってきます。
写真はスレート瓦の塗膜の剥がれ・変色・塗膜剥離の写真です。

  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について
  • スレート瓦について

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る