オハナの職人の『ちょっと一言』

 >  > モルタル外壁について

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:木原 和洋木原 和洋『モルタル外壁について』

福岡市南区・城南区・早良区・西区を中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を
行っております㈱オハナの木原です。
本日は、モルタルで形成されている外壁のことについて書かせて頂きます。
モルタルとは、セメントと砂(細骨材)を1:3の割合で水と練り混ぜて作った材料で施工した
湿式工法(コンクリート打ちや左官工事などがある工法のことです)の外壁のことです。
素材自体の防水性能は低いので塗装をすることで、素材を水から守ります。
防水機能が切れてくると、水を吸収し始めクラック(ひび割れ)と呼ばれる亀裂が生じます。
これを長期間、放置するとひび割れから水が入りこみ壁の内部を腐らせてしまう恐れが
あるので、定期的なメンテナンスが必要な壁材です。
写真は、モルタル外壁のひび割れが起きている写真です。

  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について
  • モルタル外壁について

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る