スタッフブログ

梅雨と外壁塗装・屋根塗装

 みなさまおはようございます。
福岡市 城南区・南区を中心に屋根塗装・外壁塗装・防水工事各種・屋根葺き替え・外壁張替・カバー工法各種・内装工事・水廻り改修・アパート改修工事・マンション大規模改修工事など建物の工事を施工しています㈱オハナ カラー ラボラトリー・プロタイムズ福岡南店の庄嶋です。
施工エリアは福岡市・筑紫野市・太宰府市・大野城市・春日市・筑紫郡・糸島市です。

 本日は梅雨と塗装工事についてです。
まずは、塗装のベストシーズンについて書きたいと思います。
弊社塗り替えセミナーに参加された約850人の方々の質問の多くに、「塗装の、ベストシーズンはいつですか?」という質問があります。私はこう答えています。
「季節だけで言えば秋かもしれません。しかし秋は職人不足と現場量過多でスピード重視になる場合が多く、どの季節にも長所・短所がありますよ。」とお答えしています。それでは各シーズンの長所短所を書いてみます。

 春・・・・暖かくなってくることと、年度末の関係で秋は物件が多く発生します。やはり職人不足と、スピード重視の工事がおきやすくなります。

 梅雨・・・梅雨に外装工事を行うのは良くないと思いがちですが、ルールを守れば問題はおこりません。
職人不足の問題も起きないし、良い職人さんと出会う可能性も高くなります。弊社事務所も梅雨に施工して3年がたちますが、過去の梅雨施工物件も含めて問題はありません。工期が長くなることが梅雨の短所の部分です。

 夏・・・・暑いので工事をしたくない、という方が多いですが、夏は工事量が全国的に落ち込みます。
よって、良い職人さんに出会うこともでき、工期も安定します。工事中に窓を開けると臭気の問題が起こりやすいので、それが短所でしょうか?しかし夏は秋の繁忙期前なので、メリットが大きくなります。

 秋・・・・空気も乾燥し、気温も過ごしやすい状況なのでベストシーズンと言われてきましたが、毎年大規模改修工事から戸建て住宅まで工事が集中します。よって職人不足とスピード重視の工事が起こりやすくなります。

 冬・・・・私は工事の施工は冬がベストシーズンと思っていました。意外に空気の乾燥によって乾燥時間が早かったり、外部の施工現場量が減りよい職人さんとも出会いやすい時期だからです。塗り重ね乾燥時間を長めにとれば不良施工も起きにくい時期といえます。しかし、工期は長くなります。

 このように、年中、屋根・外壁の塗装工事は可能です。各季節に長所・短所がありますが、重要なのはルールを守ることです。湿度・温度、インターバル・塗布量・塗料の種類選択・資格の問題・工期の設定・管理方法・施主様と職人のコミュニケーション方法とその量、などなど・・・・
 不良施工は季節の問題より、職人さんの問題で起きやすく、ルールを守って工事を行えばよい工事ができます。工期は季節によって長くなったりしますが、年中良い工事ができるのは間違いありません。

 それではみなさま本日も宜しくお願いいたします。
不明点・見積もり・診断・漏水・他改修工事 などなどお気軽にご相談ください。
フリーダイアル 0800-200-3087

 

 

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る