スタッフブログ

福岡の塗装・塗り替え・リフォームは㈱オハナへ!

みなさまこんばんは。
福岡市・筑紫野市・太宰府市・春日市・大野城市・那珂川町・糸島市の住宅やアパート、ビル、マンションの工事やお悩み事はいつでもご相談ください!
㈱オハナ カラー ラボラトリー プロタイムズ福岡南店 塗装一家生まれの庄嶋 善則です。弟も塗装職人で、非常に私に似ていますから間違えないようにお願いします。
IMGP2989

今日はなかなか出せない利益について書きます。多くの企業やさまざまな会社、法人・個人もどれくらいの利益を出しているのかもっと知りたいこの頃です。胸を張れるほどは利益を出せてはいません。やはり、この塗り替え業界は、業者による値引き合戦、会社経営の無知さによる安売り合戦、経営側だけの利益重視で職人さんや施工会社のことを考えない他業種の大手や、建築系の大手、職人さんの社会に対する無知による低単価設定など等・・・巷では景気は上向きと言っていますが、私の周りは良い人なんていません。増税やその他がちゃんとうまく作用してくれればいのですが、非常に不安です。
 さて、利益とは何かと今日は思いました。尊敬する小宮 一慶 さんの本を引きずりだし復習しました。引用させていただきます。
 『 利益とは、未来に働きかける手段です。
利益によって、人材を育成し、働く人の待遇を改善し、設備投資をすることは、働く人や会社の未来を良くするための手段です。利益により、新しい商品開発をすることは、お客様の未来の生活を良くするための手段です。利益の一部を税として社会に還元することは、社会の未来を良くするための手段です。株主に還元するための手段でもあります。
すなわち、利益とは、お客様、働く人、会社、社会を良くするコストです。
さらには、利益は、「良い仕事」をしているかどうかの尺度です。
「良い仕事」とは、
①お客様が喜ぶこと
②働く仲間が喜ぶこと
③工夫   です。
 社会から資源を預かっている以上、社長には適正な利益を出す義務があります。不正な手段から利益を得ることは論外ですが、利益無くして社会の発展も働く人の幸せもありません。
  どんな会社も高収益企業を目指さなければなりません。』
と、あります。私は職人歴が長く経営者としては見習いです。利益=悪い というイメージを持ってしまいがちな真面目な腕のいい職人さんのためにも業界を代表する塗装のプロフェッショナル集団をつくりあげます。そして住環境を通じて社会に貢献し続ける企業を目指します!      

今日も生きとることに感謝たい!
みなさま、今日も、ありがとうございます。

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る