スタッフブログ

フッ素塗料・無機塗料 ハイクラスな塗装はオハナへ

 みなさまこんばんは。
㈱オハナ・プロタイムズ福岡南の庄嶋です。
本日は、高耐久な塗料について書きたいと思います。
IMG_6899 キクスイの遮熱フッ素。定価は8万円を超えるハイクラスな塗料です。弊社のような職人会社は様々な材料を使用し、塗り替え後の経過を見てきた私達は、塗料についても詳しくなっていきます。
IMG_6887
 城南区樋井川のM様邸です。屋根のスレート瓦も、ガルバリウム鋼板部も、モルタル外壁部分も最高級の塗料を使用し施工しました。
 高級な塗料ほど、メーカーの指定するルールを守らないと、良い塗料を選んだ費用対効果が悪くなります。
尚且つ、塗装職人さんは、もし材料が不足しそうなときは、高い材料程、発注したがりません。
石油缶で、4万円から5万円程の塗料はたくさんありますがそれらの良い塗料は、しっかりと塗布量計算を行わなければ、シンナーや水で必要以上に希釈し、不良施工や塗膜不足や早期の変退色などが起こりやすくなるのです。消費者の方々には、その部分が見えません。しかし、ハイクラスな塗料を使うのなら、
半製品の塗料を製品化する職人さんにスポットを当てなければもったいないでしょう。一般的な塗料を使う場合もルールをしっかり守った塗膜は、メーカーの想定する期待耐久年数を超えるのです。

IMG_6630IMG_6751
弊社自慢の職人さんは未来への耐久年数にこだわり施工しています。たとえそれは塗料のグレードのことではなく、プロの塗装職人魂だと自信を持っています。
IMG_6748
平気で4回塗りする職人たちは、元職人であった私にとって、最高にうれしいことなのです。
「塗り替えれば、どれもきれいに見えますよ!だけど塗膜の耐久性が大事なんですよ!」
そんな職人さんの言葉は、私たちの会社の理念が浸透していることを感じることができます。

IMG_6852IMGP7341
工程写真は当たり前。空缶写真もあたりまえ、搬入写真もあたりまえ、そんな外装塗装がこれからは重要です。

IMG_0771昨年の弊社合宿の際のひと時。
職人さんも、お客様窓口担当も、みんなで1年の目標を達成するために、今年も合宿します。
IMG_6824
大尊敬する東京の社長。
日本で一番の外装会社は、東京の会社です。お客様にとって大事な事。

 今日も人間力革命!
IMG_4326

IMG_6879
お客様から頂いた、花粉症に効くお茶。最後の一杯。確かに飲んだ3時間ほどは効果があると思います!

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る