スタッフブログ

外壁塗装 サイディングの塗装

 みなさまこんばんは。
福岡市 城南区・西区・南区・早良区・西区・中央区・博多区を中心に屋根塗装・外壁塗装・塗り替え各種・屋根の葺き替え・カバー工法各種・防水工事全般・内装工事全般・水廻り・マンション大規模改修工事・工場棟などの大型物件などなどたくさんの工事を施工させて頂いております、㈱オハナの庄嶋です。塗装のプロ集団 プロタイムズ福岡南でもあります。
 いつもみなさまありがとうございます。

 さて今日は外壁のサイディング板について書きたいと思います。
サイディング板とは、窯業系サイディング板(セメント質約80%)・金属サイディング板・樹脂系サイディング板などがあり、更に種類は分かれていきます。今日は、金属系サイディング板について書きます。アルミやスチール製、ガルバ等の防錆表面処理の施されているもの、ステンレス製のものもあります。サイディングは壁板の意味で金属系の壁板の事です。
 これら、金属系のサイディング板の塗装について気をつけなくてはいけない事。
それはプライマー(下塗り)をしっかり入れることです。上塗りは溶剤であっても密着性や防錆効果をあまり期待できません。ステンレスももらい錆びが発生しますし、アルミも白錆が発生します。
錆び止めプライマーは錆止め効果と密着効果もあることを覚えておいてください。
よって、錆びているところだけ塗って上塗りや、錆びていないからといってプライマーを入れない塗装を行うと、密着性が弱く、早期の塗膜剥がれの原因となりますのでご注意を!
IMGP1659
 赤錆色の錆び止めプライマーに上塗りのフッ素を塗装している写真です。
IMGP0453
白色の錆び止めプライマーの下塗り後にクリーム色の上塗りフッ素を吹付けています。
錆止めにも、白やグレーや赤錆色等の数種類の色がありますから、上塗りの色に合わせて選ぶのが一般的です。是非塗装の際は、様々な下地に対して、専用の下塗り材があることをお伝えします!

 それではみなさんお疲れ様でした。
本日も感謝です!

 施工も、診断も数が極端に増えてきました。職人さんもフル活動です!
先日の塗り替え勉強会も合計17名の方々が参加され、「参加してよかったー!」とお声をたくさんいただきました。それだけ住宅塗装や塗り替えに関する不明点や不安があることがわかってきます。
真のお得な工事は、安い、高いという部分ではありません。工事金額を期待耐久年数で割り算をしなくてはいけませんし、その工事の目的(例えば漏水を止める・見た目を変える・暑さ対策・汚れ防止・新築の様になる・目立つように・などなど)、を外してしまうと、良い工事ではなくなります。大きく見ると、保護と識別、見た目ですが、もう一段階塗装での目的を考えてみて下さい。

今月ももう一度勉強会がありますので、
是非ホームページをご覧ください!
 オハナ塗装 で検索を!
IMG_4326

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る