スタッフブログ

チョーキング現象でセルフクリーニング

 みなさまこんばんは。
福岡市 城南区・南区・西区・早良区・中央区・博多区を中心に屋根塗装・外壁塗装・塗り替え各種・防水工事全般・内装工事から水廻り、お風呂交換・アパート改修工事にマンション大規模改修工事まで沢山の工事を手掛けさせていただいております、㈱オハナ の庄嶋です。いつもみなさまありがとうございます。弊社は、塗装のプロ集団 プロタイムズ福岡南店でもあります。

 さて、本日は苔藻の発生の多い屋根や外壁について書きたいと思います。
外壁等を見ていると、北面の日照量の少ない面で緑色の苔などを見かけます。
年間200棟前後の物件を見ていると、チョーキング(塗膜が劣化し塗膜表面の粉状に劣化している状態)現象の大きい壁などには塵埃も苔なども発生していないことがわかってきます。なぜならば、雨が降るたびにチョーキング現象部分と共に流れ落ちていくからです。
 よって、チョーキング現象は、光触媒塗料的な作用が働いていることがわかってきますし、チョーキング現象で塗装の営業を行っているのは、間違いで、塗装が劣化すると防水性が無くなり、基材・素材そのものが吸水するので塗装の必要性が出てくるのです。厚みを厚く、同じ色で上塗りをすることで、多少チョーキング現象の期間が長くても次の塗膜があれば問題の無いことがわかってきます。
 よって、塗料のグレードや職人さんも重要ですが、健全な塗膜の厚みは、最優先で重要なのです。
上塗りの1回目と2回目の色を変える施工方法は、私から見ると、愚の骨頂。塗装の事を知らない人のやり方。それよりも搬入缶数や毎日の材料使用量、正しい塗布量計算が何よりも重要なのです。
少しでも劣化してくると、下の違う色によってムラに見える度合いが大きくなることは言うまでもありません。IMG_5729
 本日は、久しぶりに乃古うどんにて、昼食を頂きました。
私は、うどんや麺類をご飯として食べるのは好みません。お菓子のような間食であれば別ですが、
能古うどんは、ご飯として食べることのできる私が大好きなうどんの一つです。
 本日は、現場調査3件、施工現場打合せ2件と元気に動かせて頂きました!

 それではみなさん、本日もありがとうございました。
是非、弊社のホームページもご覧ください!オハナ塗装で検索を!

今日も感謝です!

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る