お役立ちコラム

福岡市の外壁塗装はOHANAまで|ハウスメーカーに依頼するのと下請け施工業者に依頼する違い

著者:庄嶋 善則

 

福岡市の外壁塗装はOHANAまで|ハウスメーカーに依頼するのと下請け施工業者に依頼する違い

福岡市で外壁塗装工事&屋根塗装&リフォーム工事なら

福岡市城南区の住宅塗装専門店の株式会社OHANA(オハナ)へ!


外装劣化診断士、代表取締役の庄嶋です!

突然ですが、外壁塗装をする時にどこに依頼を出してますか?

多くの方が、住宅を購入した不動産業者やハウスメーカーに依頼を出している状況です。これも確実に工事を任せる方法の一つですが、実は他にも依頼方法があるということを覚えておきましょう。

別の方法を使うことで、もっとお得になる可能性があるのです。

今回のお役立ちコラムでは「外壁塗装を依頼するなら一番お得な方法で依頼しよう」という内容でお話ししたいと思います。

▼合わせて読みたい▼

福岡市の外壁塗装・屋根塗装はOHANAまで|外壁塗装の費用相場が知りたい

問合せはコチラ

 

どこに外壁塗装の依頼をすべき?

外壁塗装を依頼する場合、多くの方が依頼を出しているのが「ハウスメーカー」や「不動産業者」です。これは、購入した業者であれば建物に対してしっかりと状況を把握しているという安心感があるからでしょう。

しかし、本当にその選択が最良の方法なのでしょうか。

どのように外壁塗装を依頼すべきなのかを考えてみましょう。

 

ハウスメーカーに依頼した場合

ハウスメーカーに工事依頼をする場合、確かに販売した建物という意味で状況を把握してくれているでしょう。しかし、ハウスメーカーは直接自社で工事をするということはありません。

さらに言えば、建売や注文住宅であったとしても、ハウスメーカーが直接工事をしているケースは本当に少ないです。実際に工事をするのは下請けの施工業者であり、ハウスメーカーの発注通りの作業を「下請け業者の理解した通り」に行うのが一般的です。

なぜこのような言い方になるかというと、下請け業者は依頼者の皆様から直接さまざまな話を聞いて作業にはいるわけではないからなのです。

多くの場合、ハウスメーカーに依頼をした内容は、担当者が書きまとめた文書として下請け業者に届きます。どんな工事をして、どんな要望でまとまったかという、詳細でありながらかなりざっくりした内容で伝わるため、正確な情報が届くわけではありません。

残念ながら、これは現実なのです。

しっかりと詳細に情報を届けてくれる担当者もいます。しかし、会話の中で読み取れるニュアンスや、ちょっとした要望とも言えないような呟きなど、工事を行う上ではかなり重要な満足度につながるポイントは会話の端々に現れます。

これらは、ハウスメーカーで依頼した際には施工業者まで正確に落とし込まれません。その結果、ある程度お客様にも妥協していただくような内容で作業が完了してしまうということは少なくないのです。

 

下請け業者に依頼した場合

下請け業者というのは、ハウスメーカーや不動産業者に依頼をした際に実際に工事に入る業者のことを指します。そして、下請け業者は直接依頼していただくことでバックマージンを支払う必要がなくなり、通常ハウスメーカーから受注する金額と同等で工事を受けることができます。

これは、ハウスメーカーに支払う金額よりも安いケースがほとんどです。バックマージンとして10〜20%の余分な料金が発生しているため、ハウスメーカーで提示される見積額は若干高くなってしまいます。

しかし、下請け業者に直接依頼することで、本来の金額で工事依頼ができるようになるのです。

例えば、ハウスメーカーで100万円の見積りだったとしましょう。20%のバックマージンが発生するとなると、本来であれば80万円で工事依頼できるということになります。直接下請け業者に工事依頼をすれば、20万円も安く工事依頼ができるというわけです。

ただし、ハウスメーカーに工事依頼する場合と大きく違う点があることも覚えておきましょう。

それは、下請け業者は「職人」であり「営業職」ではないということです。依頼者の声をうまく引き出しつつ、総合的にまとめてくれるという能力はハウスメーカーの営業担当の方が圧倒的に優れているでしょう。

一方、下請け業者の職人の場合、対応の良い業者であれば色々と一緒に考えつつ、より良い形になる提案をしてくれるでしょう。しかし、昔ながらの職人気質な業者の場合、素人が口を出すべきものではないとして、予算や色など大まかな部分だけをヒアリングしただけで勝手に工事をしてしまうというようなケースもあるのです。

最近ではそこまでひどい対応をする業者は少なくなりましたが、まだ一定数の職人気質業者は残っているので、対応に不満を感じた場合には、工事依頼をする前に別の業者も検討してみてください。

▼合わせて読みたい▼

福岡市の外壁塗装はおうちのかかりつけ医OHANAまで!

 

一括見積りサイトで見積り募集するのはアリ?

一括見積りサイトで見積り募集するのはアリ?

ハウスメーカーに直接依頼する方法、下請け業者に直接依頼する方法の2通り以外にも「一括見積りサイト」で見積り依頼して、施工業者を募集するという方法があります。最近ではこの方法が最もポピュラーになってきているでしょう。

では、一括見積りサイトにあるメリットとデメリットについて考えてみましょう。

 

一括見積りサイトのメリット

一括見積りサイトは、時間を気にせず見積り依頼を出せるという点が大きな魅力になります。24時間いつでも見積り依頼を出すことができ、その依頼に対して業者は対応時間に返信をくれます。

日中忙しい方や、休日が業者の休日にかぶってしまうという場合でも、一括見積りサイトを使用することで工事見積りを立ててもらうことができるのです。

また、登録事業者のなかで近い地域に限定して見積り依頼が出せるので、本来足を運ばなければならなかった見積り依頼が、サイトでの依頼ひとつで完了するのも大きなメリットと言えます。

実際に現地調査に入る場合には、当日立会いが必要になりますが、提示された概算見積りの中から気に入った業者だけにアプローチできるので、休日に合わせて現地調査を依頼できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

一括見積りサイトのデメリット

いくつかメリットがある中、一括見積りサイトのデメリットについても覚えておく必要があるでしょう。

まず、一括見積りサイトは「登録事業者だけ」にしか見積り依頼が出せません。つまり、サイトに登録していない地域の優良業者は、この見積り競争に参加していないということです。

地域で話題の業者があったとしても、ポータルサイトに登録しないというケースは非常に多いです。さらに、登録事業者の中には「悪質業者」も参加しているケースがあります。サイト登録の際、厳格な規定があるわけではありません。

外壁塗装業者としての実態さえあれば、基本的には誰でも登録可能なのです。そのため、低質な業者や悪質な工事を行う業者も一定数存在しているのです。

また、概算見積りを出してきた業者の中で選定してアプローチしたとしても、落選した業者にはその通知が入りません。そのため、希望しなかった業者からの営業電話が続く場合があります。これが非常に厄介な問題です。

お断りの連絡をするというのは、かなり精神的に厳しいと感じる方は多いのですが、一括見積りサイトで見積りを立てる際には、参加業者に落選通知を入れておくという手間が必要になる場合があるということを覚えておきましょう。

 

下請け業者はなぜハウスメーカーと付き合うの?

下請け業者はなぜハウスメーカーと付き合うの?

ハウスメーカーに依頼するよりも、下請け業者に依頼する方が安く済むということを知ると、直接下請け業者に依頼したいと感じるのは当然です。しかし、下請け業者は自らハウスメーカーと契約を結んでいるところの方が多いのです。これはなぜなのでしょうか。

安いということがわかっていれば、わざわざ高い業者に依頼したくありませんよね?

下請け業者がハウスメーカーと付き合う理由をご説明します。

 

営業力の低さを補うため

下請け業者は、先述した通り「職人」です。そのため、工事に関しては圧倒的な自信を誇っていても、依頼者様の要望を事細かに聞くという能力には特出していないのです。むしろ、ちょっとした無理難題を突きつけられると怒り出す業者もいます。

例えば「黒い外壁でめちゃくちゃ遮熱性の高い外壁塗装をしたい」と言われた場合、ハウスメーカーであればにこやかにできないことを伝えて、代替え案を提示してくれるでしょう。しかし、職人気質が故に、無理を押し通そうとする依頼者様の姿勢に我慢ができなくなってしまうのです。

説明すれば簡単に解決できる話なのです。「黒は熱を吸収するから、遮熱性を求めるなら白系の色じゃなきゃできないんだよ」と説明するだけで解決できる問題なのはわかっているものの、自分の常識では「黒=遮熱無理」ということを理解していないということで、分かり合えないと感じてしまう職人も一定数います。

これは「見て学べ」を実践してきた職人に多いです。

ハウスメーカーの営業担当は反対に、このような営業トークが得意な性質を持っているため、依頼者様を不快に感じさせることなく代替え安を提示できるわけです。その結果、うまく工事依頼がまとまるという状況があるので、ハウスメーカーと付き合いを持っているところが多いわけですね。

 

安定した仕事依頼を獲得するため

これは外壁塗装に限った話ではありません。少し考えてみてください。

「コンビニに入る際、フランチャイズ店と個人商店どちらを選びますか?」

電子マネーが利用できて、ATMがあって、トイレの使用もできるフランチャイズ店を選ぶ機会の方が多いと思います。

外壁塗装もこれと同じで、個人店よりもハウスメーカーのネームバリューで集まる仕事の方が多いため、安定した仕事量確保のためには、ハウスメーカーとタッグを組んだ方が安定するのです。

仮に、個人店で依頼を安定して獲得するためにはどんなことを充実させなければならないのでしょうか。

  • ・ホームページの拡充
  • ・料金体系の確立
  • ・施工事例の更新
  • ・外壁塗装の情報発信
  • ・有効資格の取得

さまざまな要素が必要になります。しかし、ハウスメーカーから仕事が入るということは、これらを全て度外視して営業することができるというわけです。

専門外でわからない部分に時間やコストを割くのではなく、工事依頼を出されたものに対し手数料を支払うだけの方が簡単だと考えるわけですね。

その結果、若干の経費が発生したとしても、仕事の安定供給を求めるわけです。

 

なぜ一括見積りサイトに登録するの?

なぜ一括見積りサイトに登録するの?

ハウスメーカーの案件で安定するのであれば、なぜ一括見積りサイトも活用するのでしょうか。こちらに関しても、明確な理由があるので簡単にご紹介しましょう。

 

多くの利用者がいるから

今の時代、インターネットで簡単に調べ物ができるようになっています。スマホを開いて検索すれば、いくらでもポータルサイトや情報サイトが溢れています。

そして、簡単に見積り依頼が出せるという理由で、多くの方がポータルサイトを利用しているのも事実です。

一括見積りサイトに登録するということは、日本全国にいるインターネットユーザーが依頼者になる可能性があるというわけです。その「商機」を手に入れるために、一括見積りサイトにも登録しているわけですね。

 

誰でも集客できるから

インターネットで依頼を集めるという方法は、実はかなり難しい技術が必要なのです。外壁塗装というデジタルとは真逆にいる我々にとって、インターネット集客というのは全くの専門外になります。そのため、一括見積りサイトという集客に特化したサービスを活用することで、簡単に工事依頼を獲得する場を手に入れることができるわけです。

だからこそ、一括見積りサイトにも登録するわけですね。

 

外壁塗装、どこに頼むか迷ったら「おうちのかかりつけ医OHANA」へ!最適な依頼先選びをサポート

外壁塗装、どこに頼むか迷ったら「おうちのかかりつけ医OHANA」へ!最適な依頼先選びをサポート

今回のお役立ちコラムでは、外壁塗装を依頼する際の選択肢として、ハウスメーカー、下請け業者、一括見積もりサイトについて解説しました。それぞれにメリット・デメリットがあり、どこに依頼するのが最適かは状況によって異なります。

ハウスメーカーは安心感がありますが、費用が高くなる傾向があります。下請け業者は費用を抑えられますが、対応やコミュニケーションに不安が残る場合があります。一括見積もりサイトは手軽に見積もりを取れますが、悪質業者に注意が必要です。

福岡市で外壁塗装をご検討中の方は、ぜひ「おうちのかかりつけ医OHANA」にご相談ください。OHANAは、施工業者として直接お客様のご要望をお伺いし、適正価格で高品質な施工をご提供いたします。お問い合わせは、問い合わせフォーム、メール、電話、またはショールームへのご来店にてお待ちしております。

問合せはコチラ

お問い合わせ・お申し込みはこちら!

日本の住宅は他の先進国に比べ住宅の耐久年数が
著しく低いと言われております。
特に、お家の防水に関しては定期的なメンテナンスが必要です。
屋根・外壁の塗り替え工事のご相談はオハナへお任せください!!

『オハナ』とは、ハワイ語で家族・仲間という意味です。
家族のように親身にご対応させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください!

    お問合せ内容
    必須




    ※フルネームでご記入ください。例:御花 太郎


    ※フルネームでご記入ください。例:オハナ タロウ


    ※半角数字7桁ハイフンなし例:8112207



    例:073-413-6523


    ※ご返信希望のメールアドレスをご記入ください。

    ご連絡方法
    必須



    ※ご相談内容を具体的にご記入ください。