職人ブログ / 日常

遮熱塗料と室内温度

みなさまこんばんは。
 福岡市・筑紫野市・春日市・太宰府市・大野城市・那珂川町・糸島市にて住宅リフォームから、ビル・マンション改修工事、屋根塗り替え・外壁塗り替え及び塗装工事全般を施工させていただいております、
㈱ オハナ カラー ラボラトリーの庄嶋です。いつもありがとうございます。

今日は遮熱塗料について書きたいと思います。
建物に遮熱塗料を塗装し、室内温度を下げようと思う方は沢山いらっしゃると思います。
表面温度は、一般塗料と遮熱塗料を同じ色で比べると約20度~30度の差がでます。ところが、塗り替え前と塗り替え後の表面温度は次に塗り替える色や、塗り替え前の色の関係で、温度が下がります。と、言えないのが現実です。
たとえば、塗り替え前が白の屋根で塗り替え後が遮熱塗料の黒色であれば・・・塗り替え後のほうが温度が上がる可能性が高い、と、いうことです。なので、遮熱塗料を有効的に使うのであれば、色の選択にも注意が必要です。もう一度、説明させていただくとすれば、同じ塗料の一般塗料と遮熱塗料では20~30度の差がありますから、材料の違いによる表面温度の差があるのは事実です。
もう一つ、室内に温度の影響を与える1番の原因箇所は、『窓開口部です!』よって、日差しを遮ることや、ガラスに遮熱・断熱フィルムを貼ることです。日本製は特に、フィルムの耐久性や糊の品質、性能等、素晴らしい製品です。
DSC_0225
弊社事務所扉のガラスには防虫機能の付いたフィルムを貼っていますが、貼っていない上と右横のガラスには蚊が大量についています。凄い!遮熱フィルムも実験器具で確認すると簡単に体感できます。
暑さ対策には、遮熱塗料だけではなく、窓ガラス部のフィルムを施工することを行ってください。
もちろん緑のカーテンや、日を遮る簾などでもよいわけです。費用対効果をしっかり確認して、検討してください。 

いつでも、フリーダイアルへ! 
今日も感謝です。

お問い合わせ・お申し込みはこちら!

日本の住宅は他の先進国に比べ住宅の耐久年数が
著しく低いと言われております。
特に、お家の防水に関しては定期的なメンテナンスが必要です。
屋根・外壁の塗り替え工事のご相談はオハナへお任せください!!

『オハナ』とは、ハワイ語で家族・仲間という意味です。
家族のように親身にご対応させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください!

お問合せ内容
必須




※フルネームでご記入ください。例:御花 太郎


※フルネームでご記入ください。例:オハナ タロウ


※半角数字7桁ハイフンなし例:8112207



例:073-413-6523


※ご返信希望のメールアドレスをご記入ください。

ご連絡方法
必須



※ご相談内容を具体的にご記入ください。