職人ブログ / 日常

梅雨の施工について

㈱オハナ カラー ラボラトリー
プロタイムズ福岡南店
塗装・リフォームのプロ集団の庄嶋です。

 梅雨に入りなかなか雨も降らなかったのですが、今日は終日雨が降りましたね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
オハナの事務所に作成している緑のカーテン、へちまとゴーヤも急ピッチで成長しています。
ゴーヤは一日で3~5センチほど伸びています。立派な緑のカーテンになることを信じています。
みなさまに見ていただきたいので後日写真をアップします。
メダカの赤ちゃんは一日に20から30匹ほど誕生しています。
今年生まれたメダカの赤ちゃんは大きいもので2センチほどになっています。
毎日水やり、えさやり、観察が私の楽しみになっています。

 さて、梅雨の施工についてですが、昨年は弊社事務所を梅雨に施工しました。
題名は「不良施工になるならなってみろ。」ということで、
わざと梅雨に施工しました。当然いまもなんともありませんし、ご縁を頂き施工させていただいた物件も
問題はございません。小さな問題はあります。メンテナンスを行っていると、どの季節の施工物件でも小さなメンテナンスは塗装をした次の日でも必要な可能性があるのです。100パーセントの工事等ありません。
雨がかからない工夫や、湿度管理、インターバル、塗布量、希釈量、など・・・
ルールを守れば施工は一年中可能です。いい職人さんに会う確率は高いというメリットもあります。
梅雨のデメリットは工期が長くなります。鉄部などの金属は密着不良が起こりやすいのでそれもデメリットであります。しかし、ルールを守れば秋よりもいい工事ができる可能性もあるのです。
ここ数年、福岡だけでなく、秋になれば一斉に工事が行われます。特に外部のリフォーム工事は、
秋がベストシーズンと言われ続けてきたので足場さえ不足し、職人さんも不足し、すべてが不足の工事になり、スピード重視の工事になりやすいので注意が必要です。よって、年中、どの季節でも長所・短所があるんです。

もっと詳しく知りたい方・建物の診断を希望の方・お見積もりが欲しい方お気軽にフリーダイアルへかけてください。
メンテナンス施工をお待ちのお客様、もうしばらくお待ちください。
今日も皆様に感謝です。
 

お問い合わせ・お申し込みはこちら!

日本の住宅は他の先進国に比べ住宅の耐久年数が
著しく低いと言われております。
特に、お家の防水に関しては定期的なメンテナンスが必要です。
屋根・外壁の塗り替え工事のご相談はオハナへお任せください!!

『オハナ』とは、ハワイ語で家族・仲間という意味です。
家族のように親身にご対応させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください!

お問合せ内容
必須




※フルネームでご記入ください。例:御花 太郎


※フルネームでご記入ください。例:オハナ タロウ


※半角数字7桁ハイフンなし例:8112207



例:073-413-6523


※ご返信希望のメールアドレスをご記入ください。

ご連絡方法
必須



※ご相談内容を具体的にご記入ください。