スタッフブログ

猛暑時に起こる屋根の不具合

猛暑が続いておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか?

福岡の住宅塗装専門店 株式会社オハナ(プロタイムズ福岡南店)です。

今回も福岡は、台風は大したことなく済んで何よりでした。

さて、今回は、この猛暑の時期に起き出す屋根の不具合についてお伝えします。

 

それは何かというと、ズバリ「棟板金のビス浮き」です。

FullSizeRender-1

猛暑が続くと、暑さで棟板金は膨張します。

そして気温が下がると収縮、それを繰り返すことによって、このようにビスが浮いてきます。

ビスが浮いたままにしておくと、今回のような台風時に強風で飛ばされてしまいます。

FullSizeRender

そうなる前に、弊社では浮いたビスは、必ず新しいものに打ち替え

FullSizeRender-2

その後、ビス頭にはしっかりとコーキングをします!

これでビスも抜けにくくなりますし、ビス頭から水も入りにくくなります。

 

ここまでしておけば、台風時も安心です。

 

皆様も塗装をする際は、塗ること(美観)ばかり考えるのではなく、

住宅を守るために、塗膜以外のこのような下地処理も大切であることを覚えておいてくださいね。

綺麗に塗った棟板金が、ビスの打ち替えしていないことで、飛ばされては元も子もないですからね笑

 

残暑も続きますが、十分にお身体には気をつけて、残りの楽しい夏をお過ごし下さい!

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る