職人ブログ / コラム

下塗り材の必要性について

著者:木原 和洋

福岡市南区・城南区・早良区・西区を中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を しております㈱オハナカラーラボラトリーの木原です。 本日は、塗装において下塗りがなぜ必要なのかをお話しさせていただきます。 洗浄や上塗りもとても大切ですが、下塗り材もとても大切です。下塗り材も色々 種類があります。塗装する素材に合った下塗り材を選ばなければいけません。 下塗りの役割は、上塗り材の吸い込み防止・密着性を高める為・塗装の際の色ムラ 防止の為です。例えば女性の方は、すぐお分かりになる表現で言うと、お化粧をする 際に色々な工程がありますよね。洗顔⇒化粧水⇒乳液⇒化粧下地(ベース) ⇒ファンデーションの順番で主にされると思うのですが、お化粧でいう化粧下地が 塗装における下塗りです。下地を塗らずにファンデーションを塗ると、お化粧が 崩れてしまうのが早いですよね。きちんと、下塗りで整えなければ 早期の塗膜剥離(化粧崩れ)が起きてしまいます。 塗装をする際は、下塗り材をきちんと塗装されているかも注意をしてみてくださいね!! 見積もり・ご相談無料で承ります!!お気軽にご相談ください!!

お問い合わせ・お申し込みはこちら!

日本の住宅は他の先進国に比べ住宅の耐久年数が
著しく低いと言われております。
特に、お家の防水に関しては定期的なメンテナンスが必要です。
屋根・外壁の塗り替え工事のご相談はオハナへお任せください!!

『オハナ』とは、ハワイ語で家族・仲間という意味です。
家族のように親身にご対応させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください!

お問合せ内容
必須




※フルネームでご記入ください。例:御花 太郎


※フルネームでご記入ください。例:オハナ タロウ


※半角数字7桁ハイフンなし例:8112207



例:073-413-6523


※ご返信希望のメールアドレスをご記入ください。

ご連絡方法
必須



※ご相談内容を具体的にご記入ください。