オハナの職人『ちょっと一言』

 >  > バルコニー床面の防水工事について

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:坂本 光繁坂本 光繁『バルコニー床面の防水工事について』

福岡市南区・城南区・西区・早良区を中心に屋根塗装・外壁塗装、住宅リフォーム工事全般
防水工事などを行っております㈱オハナカラーラボラトリーの坂本です。
本日は、バルコニー床面の防水工事の様子を掲載させて頂きます。
バルコニーは、屋根の軒よりも出ているお家が多くその為、雨や紫外線の劣化が出やすい
場所になります。雨の影響でバルコニーの内側の壁にカビや苔が生えていることや
紫外線により塗膜が劣化しているお家があります。
お家にとって、大切なのは防水性です。早目の補修で、漏水を防ぐことができますので
定期的にご自身でもお家の点検をすることをお勧めしております。

①高圧洗浄にて、丁寧に汚れを落とします。
②下塗りの前に綺麗に拭き上げます。
③プライマーを塗布します。プライマーは塗料の密着性を高める下塗り材です。
④アレスレタンという塗料を塗布します。これは、上塗り材です。この塗料を2回塗布します。

  • バルコニー床面の防水工事について
  • バルコニー床面の防水工事について
  • バルコニー床面の防水工事について
  • バルコニー床面の防水工事について
  • バルコニー床面の防水工事について
  • バルコニー床面の防水工事について
  • バルコニー床面の防水工事について
  • バルコニー床面の防水工事について
  • バルコニー床面の防水工事について
  • バルコニー床面の防水工事について
  • バルコニー床面の防水工事について
  • バルコニー床面の防水工事について

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る