オハナの職人の『ちょっと一言』

 >  > スレート瓦、縁切りの重要性。

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:寺崎 一成寺崎 一成『スレート瓦、縁切りの重要性。』

みなさま、こんにちは。福岡市・春日市・那珂川町・大野城市・太宰府市・筑紫野市を中心に屋根塗装・外壁塗装を行っております(株)オハナカラーラボラトリーの寺崎 一成です!!
本日は、スレート瓦の施工で重要な『縁切り』についてお話しさせて頂きます。みなさん、『縁切り』という言葉を聞いたことはありますか?縁切りとは、屋根と屋根の重なり部分が塗装の際に塗料でふさがってしまったところに道具を使って隙間を開けていく作業のことを言います。屋根の隙間がふさがってしまうと、雨水の逃げ場がなくなり毛細管現象で水が侵入し、気づいた時には野地板が腐っていたという事態になりかねません。とても重要な工程なのです。弊社では、スレート瓦の縁切りに『タスペーサー』というものを使用しております。施工の流れは下塗り⇒タスペーサー挿入⇒中塗り(上塗り1回目)⇒上塗りとなります。工程の写真を掲載致します。

  • スレート瓦、縁切りの重要性。
  • スレート瓦、縁切りの重要性。
  • スレート瓦、縁切りの重要性。
  • スレート瓦、縁切りの重要性。
  • スレート瓦、縁切りの重要性。
  • スレート瓦、縁切りの重要性。
  • スレート瓦、縁切りの重要性。
  • スレート瓦、縁切りの重要性。

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る