スタッフブログ

屋根・外壁塗り替え勉強会開催致しました!!

福岡市南区・城南区・早良区・西区を中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を
行っております㈱オハナの高比良です。

みなさま、おはようございます!!
昨日、福岡市城南区七隈にある末永文化センターにて『屋根・外壁塗り替え勉強会』を
開催致しました。
受講された方々から、『受講して良かった!!』というお声を頂きました。
私も、オハナに入社するまでは塗装に関して全く無知でしたが知れば知るほど、びっくり
することが沢山ありました!!
もし、お家の屋根や外壁のことなどでお困り・お悩みがございましたらお気軽にオハナへ
お問い合わせください。
さて、みなさま屋根について少しお話しさせて頂きます。屋根が台風などで飛ばないように
四方をコーキングを充填していたり、隙間なく塗装したりしていませんか??
戸建住宅でリフォーム後のクレームの多い箇所が、屋根・床(室内)・外壁です。
屋根と外壁を合わせると、第一位になってしまいます。とても、恐ろしい問題です。
屋根と屋根の重なり部分には、隙間がとても重要です。なぜかと申しますと雨水が入った後
逃げる場所を作ってあげあければならないからです。
水が入りっぱなしだと、その後どういう状況になるか・・・雨漏りの問題が出てきます。
例としてスレート瓦でお話しすると、以下の写真のような状態になっていたら危険です。
屋根 縁切り不足
隙間がなく、瓦を持ち上げた時に雨が降っていないにも関わらず水が出てきました。
晴れた日に、これだけ水が出てくるということは雨の日はどんどん水が逃げる場所がなく
入り込んでしまっている恐れがあります。
屋根材の下には、野地板の上に防水シートがあります。酷い雨漏りのお家は、防水シートを
通り越し野地板が腐れていたお家もありました。
弊社では、スレート瓦の塗装の際はタスペーサーという部材を挿入するようにしており
ます。これは、瓦と瓦の間に隙間をつくる為の部材です。
11
下塗り                    タスペーサー挿入

22
タスペーサー挿入              上塗り(2回上塗りします)

この順番で、工事を致します。せっかくお家を綺麗にする塗装工事をしても、トラブルが
発生すると、とても嫌な気持ちになりますよね。
中には、業者さんと裁判沙汰になったという方もいらっしゃったので十分ご注意ください。

弊社は、塗装工事以外にも工事を行っております。内装・外構・防水・水回り・防蟻工事
も、お任せください!!
フリーダイアル:0800-200-3087まで!!
弊社の施工事例もご覧ください!!
施工事例のURLはこちら⇒https://www.planning-ohana.com/sekou/

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る