スタッフブログ

住宅の屋根は何がいいのか?

IMG_1387

みなさまおはようございます。
福岡市 城南区・南区を中心に屋根塗装・外壁塗装・各種塗り替え・防水工事全般・屋根葺き替え・外壁張替・各種カバー工法・内装工事全般・水廻り全般・アパート改修工事・マンション大規模改修工事・外構工事などなど住宅建物の工事のことなら㈱オハナ カラー ラボラトリー・プロタイムズ福岡南店にお任せください!
 施工エリアは福岡市・筑紫野市・太宰府市・大野城市・春日市・筑紫郡・糸島市です。

 本日は屋根材についてです。
先ずは陸屋根の防水屋根関連は省き、瓦関連の種類を書いてみたいと思います。
粘土系瓦
金属系屋根
セメント系
スレート系
ファイバーシングル系
等です。大きく分けてこのような屋根があるわけですが、
ぶっちゃけると自分の家を建てるならば粘土系か金属です。粘土系は、いぶし瓦。金属系はステンレスにすると思います。何故ならばメンテナンスサイクルが非常に長いからです。
 尚且つ、外壁を守るために必ず軒を出します。軒のない家は一見お洒落ですが、雨、太陽光線が建物の外壁上部からあたり、軒のある家より間違いなく劣化スピードが速いからです。年間200棟ほど診断をしているとこの違いが明らかに見えてきます。屋根のないバルコニーやウッドデッキを見るとその差は歴然です。
 弊社事務所の屋根はスレート瓦、外壁は窯業系サイディングです。築7年目で塗装しました。やはり劣化が目立ち始めたので早めの施工を行ったのです。下地にお水もしくは湿気がまわりだすと劣化スピードは一気にスピードをまし、下地や外壁材そのものを劣化・変形・ひび割れ・塗膜剥離などの劣化症状を表面化させるからです。
 屋根の塗装は、住宅の中で一番過酷な条件にさらされているうえに、住宅建物の中で非常に重要な建物を守る役目を担っているのです。スレート瓦もその他の瓦も見た目を気なしなければメンテナンスサイクルは20年でもよいかもしれません。新築時から漏水していた、という方も今まで数10名ほどいましたが、お水が中に入らなければ、太陽光線や雨から外壁を守ることができれば、良いのです。そして、塗装の必要な屋根や外壁の塗装は早めのほうが、メリットが大きいことも確かです。

今日の学びは、屋根を大切にしましょう!です。

 粘土系や金属系の屋根も定期点検は行いましょう!
IMG_1383
それではみなさま、本日も宜しくお願いいたします。
ご不明な点・診断依頼・相見積などなどお気軽にご相談ください!
フリーダイアル0800-200-3087
IMG_1385
春めいてくると、美しい花がたくさんです。診断に行くとこのような出会いがあります。
IMG_1426
昨日の夕日です。
IMG_1432
一番下の息子は水泳やサッカーより、ゴーグルにはまっています。
それでは、行ってきます!いってらっしゃいませ!

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る