スタッフブログ

漏水・雨漏りのご相談はありませんか?梅雨の塗装について。

みなさま、こんにちは。屋根塗り替え・外壁塗り替え・戸建て住宅リフォームを中心に工事をさせていただいています。福岡市・筑紫野市・春日市・大野城市・太宰府市・那珂川町・糸島市にて活動しています。お気軽に診断をお申し付けください。重要なのは工事をするかしないかではなく、正しい今の現状を知ることから始めてください。見積もりを取ればそこで工事をしないといけない気持ちになりすぎです。
そのお家によっては、塗装の目的も変わります!塗装工事の目的を知ることから始めてください。

IMGP4183
梅雨の塗装はできますか?という質問を良く聞きます。正解はできます。湿度管理と塗る個所の結露(湿気・含水率)等に注意を払えば可能です。ただしルール―を守れば梅雨や冬の施工は工期が長くなります。メリットもあります。良い職人と出会う可能性が高いです。弊社オハナは、1級塗装技能士が6名います。その他資格を持っている職人・施工管理がいます。良い職人と巡り合う方法の一つです。消費税増税駆け込みやシーズンと呼ばれる秋は福岡に他県の塗装職人さんも流れ込んできます。一概には言えませんが、可能性を考えてみてください。ベストシーズンに施工したはずなのに、漏水に気付かずに塗装された方も少なくありません。単なる根拠のない値引きや、安売りは、職人さんや、そのお家の健康状態を悪化させる場合がありますので業界側も、消費者の方々も注意が必要です。ただし、弊社オハナはより安くにも下半期は会社方針に入れています。頑張ります!
IMGP4184
梅雨の雨がふりだして、ゴーヤとへちまは一気に伸びました。わずか1か月で立派な緑のカーテンです。
事務所入り口のガラス防虫遮熱フィルムも完全ではないですが虫も集まらないです。防虫フィルム素晴らしいですよ!防犯フィルムや遮熱フィルムのお気軽にお申し付けください。
IMGP4185
メダカはおそらくタヌキと猫にやられています。明らかにメダカの数が減っています。水草が時折外に飛び出しています。
IMGP4133
IMGP4132
上の写真は、外壁の窯業系サイディング板に発生している苔藻の写真です。ここまで進行するとサイディング板自体の強度や基材自体の内面側まで湿気が回りだします。漏水は住んでいる方が気付くまでに5年前後かかるといわれていますので、みなさん注意してくださいね。良いアドバイスがお伝えできます。
漏水は原因がわからなければなかなか止められません。契約の際はその漏水を止めるという目的が達成した時と、達成できないときの約束も気を付けてください。

台風が大きな影響を与えないことを祈念し、今日も感謝いたします! 
ありがとうございます。

 

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る