スタッフブログ

戸建の漏水箇所は、バルコニーが多い・・・・

 みなさまこんばんは。
福岡市 城南区・南区・西区・早良区・中央区・博多区を中心に屋根塗装・外壁塗装・防水工事・屋根葺き替え・カバー工法各種・内装工事全般・マンション大規模改修工事・水廻り工事などなどたくさんの工事を施工させて頂いております、㈱オハナの庄嶋です。いつもみなさまありがとうございます。

 さて本日は、戸建て住宅で最近特に感じる外壁からの漏水について書きたいと思います。
バルコニーが後付け(建物が完成した後にアルミ素材などで作られたバルコニー)ではなく、外壁と同素材のバルコニー手摺壁である場合は、木造であれ鉄骨であれ、鉄筋コンクリートであれ、パネル系であっても漏水しやすい箇所はバルコニー廻りからが多いことが、住宅診断の経験してきた数によってわかってきました。間違いなくいえることは、戸建て住宅の外壁の中で一番傷んでいる箇所は、バルコニーの外壁であること、です。
IMGP5685
他の部分とは違う目地(外壁のつなぎ目)の劣化が存在します。
IMGP7093
屋根が無い環境の雨掛りや太陽光線量の多い部分は、漏水する可能性が高いのです。
診断もしない塗装工事が多いから、塗装工事が一番クレームや問題を起こす工事になっています。
これらの問題原因となる下地補修がどれだけ大切かを、発注者の方も意識しなければ、良い塗装工事は実現しにくいので注意してください!

 弊社のホームページの、ちょっと一言も皆様、是非ご覧ください!

 それではみなさま、本日もありがとうございます!

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る