オハナの職人『ちょっと一言』

 >  > 鋼板部分 釘の打ち替えについて

オハナの職人『ちょっと一言』

大津聖也『鋼板部分 釘の打ち替えについて』

こんにちは。福岡市を中心に屋根・外壁の塗り替え、住宅リフォーム工事を行っております
㈱オハナカラーラボラトリーの大津聖也です。本日は、鋼板の釘浮き現象について書かせて
頂きます。屋根の棟部分などに設置されている鋼板を留める為に釘が打ってあります。
年月が経つと、その釘が抜けてくる現象を『釘浮き現象』とよんでいます。
また、鉄製の釘は錆が発生する可能性も高いです。弊社は、打ち替えの際はステンレスビスを
使用しております。写真は、①釘浮き現象が起きている写真②古い釘を抜く作業③ステンレスビスに
打ち替える作業の2つを掲載致します。ご覧ください。

  • 鋼板部分 釘の打ち替えについて
  • 鋼板部分 釘の打ち替えについて
  • 鋼板部分 釘の打ち替えについて
  • 鋼板部分 釘の打ち替えについて
  • 鋼板部分 釘の打ち替えについて
  • 鋼板部分 釘の打ち替えについて

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る