オハナの職人『ちょっと一言』

 >  > 外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:寺崎 一成寺崎 一成『外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?』

こんにちは
福岡市南区・城南区・早良区・西区・糸島市・那珂川町・春日市・ 太宰府市
大野城市・筑紫野市を中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を
おこなっております㈱オハナの寺﨑です。
今日は塗り替えに“ベストな時期”についてお話しします

外壁を塗り替えるにあたり、「ほんとうに、今、塗り替えるべきなのか、
正しく時期を見極めたい」という方は多いのではないでしょうか。
まとまった費用がかかる外壁の塗り替え。
できれば最適なタイミングで塗り替えたいと思うのは、当然です。
専門的な観点で申し上げても、最適なタイミングでの塗り替えがオススメ。なぜならば、
外壁の塗り替え時期を逃すと、住まいの寿命を縮めてしまうことにもなりかねないためです
とすると、気になってくるのは、「じゃあ、どう塗り替え時期を見極めればいいのか」ということでしょう。

1.外壁の塗り替え時期を見極める4つの方法
1-1.一般的な塗り替え周期を目安にする[難易度★☆☆/確実度★☆☆]
外壁が塗り替え時期かどうかを見極める一つの指標として、塗り替えの周期があります
■一般的な外壁の塗り替え周期/約8~12年周期
新築を建てた後、おおよそ8~12年周期で塗り替えをしていくのが一般的です。ただし、塗り替え周期の年数はあくまで目安。使用する塗料の種類や、外壁材の種類、劣化の進行具合など様々な要因によって、塗り替え時期が上記より前後することもあります。

そのため「外壁の塗り替え時期をより正しく掴みたい」という方は、
下記1-2以降の内容を参考にしてみてください。

1-2.外壁材&塗料の耐久年数で考える[難易度★☆☆/確実度★☆☆]
外壁材」や「塗料の耐久年数」をもとに塗り替え時期を見極めるという方法もあります。

▼“今回が初めての塗り替え”という場合は、下記の外壁材別の耐久年数を参考にしてください。。

<外壁材別|耐久年数>
窯業系サイディング―外壁材においてNO.1のシェア率を誇る窯業系サイディング。
              サイディングの中でも、特に色&柄のバリエーションが豊富。
                     ・約7~8年
金属系サイディング― リフォーム時に採用されることが多い。
              軽量で建物にかかる負担が少ないため、重ね張りに最適。
              耐震性にも優れている。
                     ・約10~15年
樹脂系サイディング― 北欧で主流の外壁材。日本では、輸入住宅の外壁によく見られる。
              外壁材自体に顔料が練り込まれているため、
              色褪せや塗膜の剥がれ等の劣化は発生しない。
              つまり、塗り替え不要。
              日本での普及率は1%程度で、
              樹脂系サイディングを施工できる業者は少ない。
                    ・約10~20年
木質系サイディング ―天然木に塗装を施したサイディング。木ならではの風合いが魅力。
              断熱性に優れている。消防法の制限から、 
              地域によっては使用できない場合もある。 
                    ・ 約10年
モルタル ―       砂(細骨材)とセメントと水を練り混ぜてつくった材料で施工した外壁。 
              モルタル自体の防水性能は低く、
              塗装が防水性の役割を大きく担っている。 
                    ・ 約8~10年
ALC ―          軽量気泡コンクリートの外壁材。
               軽量で断熱性・防火性・遮音性に優れている。 
                    ・ 約10~15年
タイル ―         耐久性が非常に高い。経年による劣化や変色、変質はほとんどない。
               ただし、目地はモルタルのため、吸水による不具合が出る。
                    ・ 約10~30年

▼一度、塗り替えをしている場合には、塗料の耐久年数を参考に、塗り替え時期を見極めてみてください。

アクリル  耐久性が他塗料と比べて低いため、塗り替えで外壁塗装に使用されることは稀。 約3~5年
ウレタン  シリコン塗料が外壁塗装業界において一般的になる前に広く普及していた塗料。 
       独特の光沢が特徴。 約5~7年
シリコン  建築塗料市場において80%のシェアを占める人気塗料。 
       価格と耐久性のバランスが良い。 約7~10年
フッ素   耐久性・防汚性・耐熱/耐寒性に優れた高品質塗料。
      頻繁な塗り替えが難しい商業施設や大型ビルに施工されるケースが多い。 約15年~
ピュアアクリル  耐久性・防水性・遮熱性を併せ持つ、高性能塗料。 
          伸縮率600%を誇る弾性塗料。 約15年~
無機    主成分が無機物のため、紫外線に強く、耐久性が高い。 約15年~

上記は、あくまで目安の数字です。実際の耐久年数は各塗料製品によって異なるため、  
実際に塗り替えをしたときに使用した塗料の耐久年数を確認しましょう。

  • 外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?
  • 外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?
  • 外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?
  • 外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?
  • 外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?
  • 外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?
  • 外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?
  • 外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?
  • 外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?
  • 外壁の塗り替えに“ベストな時期”はいつ?

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る