オハナの職人『ちょっと一言』

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:坂本 光繁坂本 光繁『防水塗料』

こんにちわ!
福岡市南区・城南区・早良区・西区・糸島市・那珂川町・春日市・ 太宰府市 大野城市・筑紫野市を中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を おこなっております㈱オハナの坂本です。

今日は防水塗料についてお話しします。

防水塗料の特徴
防水塗料はみなさん中々、耳馴染みのない言葉だと思います。
特殊塗料の一種で、アクリルを原料としています。
アクリルという樹脂は本来とても耐久性の高いものです。
ガラスと同等の透明度で、ガラスの10倍の耐久性を有しています。
樹脂の中では最も透明度が高く耐久力もあるので、
水族館の水槽の素材や飛行機の窓に使用されています。
ただ、この高耐久で透明度の高いアクリルを作り出すためには
不純物を限りなく少なくしないといけないのです。
不純物が混ざっていると途端に本来の力を失ってしまう、
デリケートな素材であるともいえます。
・代表的な防水塗料
防水塗料で最も有名なのは、株式会社アステックペイントの塗料です。
純度の高いアクリル樹脂を塗料にできるメーカーは少ないのが現状です。
この塗料の特徴は何と言っても、伸びのいい点にあります。

もし、防水塗料に興味のある方がいらっしゃるのならアステックペイントの商品を
販売できるリフォーム店や塗装店にパンフレットを見せてもらうのが良いでしょう。
メーカーが加盟店制度を取っている為、取扱いしているのか事前に確認する必要があります。

・防水塗料のメリットとデメリット
さて、特殊塗料である防水塗料のメリットとデメリットとはなんでしょうか。
メリットは勿論、家を長持ちさせる高耐久性とヒビに追従する伸縮性です。
前に書いた通り、家の大敵は水分です。水がヒビから入ることによって、
初めて家の躯体の傷みが起こるのです。
もし、現在お住まいの家が諸たる外壁のような硬い素材でできた家ならば
防水塗料のような伸縮性に富んだ塗料は最適です。
また、デメリットとしては、」素材自体に粘性があり施工がしにくいというのが点にあります。
写真のような伸縮性を出す為には外壁に既定の厚みをつけて塗らなくてはいけません。
熟練した技術が必要なため、取扱いできる店が限られているというのも
デメリットの一つに挙げられるでしょう。

・防水塗料はこんな方にオススメ!

防水塗料は、今お住まいの家に長く住み続けたい人にオススメです
また、現在の家が硬いモルタル外壁や目地が等間隔であるサイディングボードの場合は効果的です。
モルタルの硬い外壁面は地盤の揺れでヒビが入りやすいので、
割れた部分をカバーする伸縮性が役に立ちます。サイディングボードという外壁材は素材の継ぎ目に
シーリングというゴムのような弾力のある部材が入っています。
これは、サイディングボードの動きを受け止めるクッションのような働きをしています。
この部材は年月と共に、弾力性が失われてしまい、クッションの役目を果たせなくなります。
その為、リフォームの際はシーリングの打ち替えという作業が必要になる場合があります。
新しくなったシーリングの上に防水塗料を塗ると、シーリングを紫外線や雨水から守ってくれるので、
より長くクッションの役目を果たす事が出来るのです。

  • 防水塗料
  • 防水塗料

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る