オハナの職人の『ちょっと一言』

 >  > 外壁素材・・・モルタル

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:坂本 光繁坂本 光繁『外壁素材・・・モルタル』

福岡市南区・城南区・早良区・西区・糸島市・那珂川町・春日市・
太宰府市 大野城市・筑紫野市を中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を
おこなっております㈱オハナの坂本です。
本日は、外壁素材モルタルについてお話します。
この外壁はモルタルと呼ばれます。
モルタルとは、セメントと砂(細骨材)を1:3の割合で
水と練り混ぜて作った材料で施工した湿式工法
(※コンクリート打ちや左官工事などがある工法)の外壁のことです。

この外壁は非常に丈夫なイメージがありますが、
実は、この素材自体の防水性能は低いので、
塗装をすることで素材を水から守る役割をしています。
防水効果を果たしている塗膜が劣化してくると、
徐々に水分を吸収し“クラック”と呼ばれる亀裂(ひび割れ)が生じます。

これを放置しておくと亀裂からさらに水分が入りこみ、
壁の内部を腐らせてしまうので塗り替えや
コーキングの補修などの定期的なメンテナンスが必要です。

表面の仕上げは樹脂系の素材を吹き付けたり、
コテやローラーなどで特殊な模様をつけれたりすることが
できるので、表情豊かな外壁を作れることができます。

  • 外壁素材・・・モルタル
  • 外壁素材・・・モルタル

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る