オハナの職人『ちょっと一言』

 >  > 塗装においての下地処理の重要性

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:坂本 光繁坂本 光繁『塗装においての下地処理の重要性』

福岡市南区・城南区・早良区・西区・糸島市・那珂川町・春日市・太宰府市・大野城市・筑紫野市を
中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を行っております㈱オハナの坂本です。
本日は、塗装工事における下地処理についてお話しさせて頂きます。
下地処理とは、ケレン作業(鉄部の錆や汚れを落とす作業)・錆止め塗装・ひび割れ補修などの
ことをいいます。ひび割れ補修は、小さなひび割れはシーリング材で補修する場合もあります。
大きなひび割れは、専用のテープ(グラスファイバーテープ)というものを貼り補修をします。
丁寧な下地処理をすることによって、塗装の耐久年数が違ってきますので工事を依頼する場合は
きちんと下地処理も丁寧にしてくれる業者さんかどうかも、確認することが大切です。
写真は、ケレン作業・錆止め塗装・外壁のひび割れ(クラック)補修の写真を掲載させて頂きます。

  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性
  • 塗装においての下地処理の重要性

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る