オハナの職人『ちょっと一言』

 >  > モニエル瓦について

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:加藤 泰士加藤 泰士『モニエル瓦について』

福岡市南区・城南区・早良区・西区・糸島市・那珂川町・春日市・
太宰府市 大野城市・筑紫野市を中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を
おこなっております㈱オハナの加藤です。
モニエル瓦についてお話します。
この瓦はモニエル瓦と呼ばれ、セメントと川砂を
混ぜ合わせて作られる「軟式コンクリート瓦」と
いわれるヨーロッパ発祥のセメント瓦の一種です。
このモニエル瓦を作っているメーカーは
ラファージュ・ルーフィング株式会社といい、
世界46カ国に展開し、年間、約159万戸分の屋根材を
生産する、屋根材の世界シェア一位の会社です。
しかし、2010年4月に日本から撤退しました。
この瓦は通常の瓦とは違い、表面に「スラリー層」
というセメントの粉が薄く吹き付けてあります。
そのため、以前はこの上に塗装すると剥がれなどが起こるトラブルが多く、
塗装施工が難しいといわれる瓦でそたが、スラリー層を固める
【水性2液型エポキシ樹脂シーラー】という下塗り材が
出来てからは、容易に塗装ができるようになりました。
しかし、塗装をされる際には表面の劣化した
スラリー層を出来るだけ取り除いてから施工することが
とても重要になります。

  • モニエル瓦について
  • モニエル瓦について

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る