オハナの職人『ちょっと一言』

 >  > ALCの外壁について

オハナの職人『ちょっと一言』

職人:寺崎 一成寺崎 一成『ALCの外壁について』

福岡市南区・城南区・早良区・西区・糸島市・那珂川町・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市を
中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を行っております㈱オハナの寺﨑です。
本日はALCの外壁についてお話しさせて頂きます。
ALCはセメント・生石灰・けい石・発砲剤を主原料として成型したスウェーデン発祥の素材です。
軽量発砲コンクリートとも呼ばれ、気泡などの空隙部分が全容積の80%を占め、比重0.5と軽量
なのが特徴で、遮音性・保湿性・耐火性に非常に優れています。
しかし、吸収性が高い為、外壁に使用する場合は必ず塗装による防水処理が必要です。
また、サイディング板と同様にジョイント部分はシーリング材がで防水されているので劣化を
すると吸収の原因となるので、注意が必要です。
写真はALCの外壁が劣化した状況を掲載させて頂きます。

  • ALCの外壁について
  • ALCの外壁について
  • ALCの外壁について
  • ALCの外壁について
  • ALCの外壁について
  • ALCの外壁について
  • ALCの外壁について
  • ALCの外壁について

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る