オハナの職人『ちょっと一言』

 >  > スレート瓦縁切りについて

オハナの職人『ちょっと一言』

大津聖也『スレート瓦縁切りについて』

福岡市南区・西区・城南区・早良区を中心に屋根塗装、外壁塗装、住宅リフォーム工事を
行っております㈱オハナカラーラボラトリーの大津です。
本日はスレート瓦の塗装工事にとても重要な縁切りの写真を掲載させて頂きます。
スレート瓦は、塗装工事の際、縁切りにタスペーサーという部材を使用します。
縁切りとは、瓦と瓦の重なり部分が塗料で埋まってしまった部分に隙間を人工的に
作ってあげる作業です。
以前は、皮スキやカッターなどを使用していたのですが、タスペーサーを挿入した方が
断然、綺麗に仕上がります。
そして、なぜ縁切りの必要があるのかと申しますと毛細管現象により侵入した雨水が
逃げる道を作ってあげることが目的です。
この工程をしないと、雨漏りの原因にもなります。せっかく綺麗に塗装工事をしても
漏水がすぐに起きてしまったという方も沢山みてきました。
縁切りはとても、重要ですので塗装の際には必ず行ってくださいね。
写真の順番は①スレート瓦下塗り②タスペーサー挿入(縁切り)③上塗り1回目
④上塗り2回目の順番で掲載致します御見積もり・ご相談、無料で承ります!!
お気軽にお問い合わせください。フリーコール:0800-200-3087

  • スレート瓦縁切りについて
  • スレート瓦縁切りについて
  • スレート瓦縁切りについて
  • スレート瓦縁切りについて
  • スレート瓦縁切りについて
  • スレート瓦縁切りについて
  • スレート瓦縁切りについて
  • スレート瓦縁切りについて

その他の『ちょっと一言』

  • 施工事例
  • 塗り替えセミナー
  • まず初めにお読み下さい
  • 建物診断&無料見積り
お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る