オハナカラー スタッフブログ

もうすぐ節分ですね。

福岡市・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・糸島市を
中心に屋根外壁塗替え塗装・屋根外壁修繕・住宅リフォーム工事を
行っております(株)オハナカラーラボラトリー 江頭です。

もうすぐ1月も終わりますね。早く感じるのは、私だけでしょうか・・・
2月3日は、節分です。
小さい頃、豆まきをした人も多いのではないでしょうか?
そもそも節分とは、何でしょう?
節分とは、冬が終わり立春(暦の上では春)となるその前日に春の訪れを
喜ぶ行事です。そして邪気を払うために豆まきを行います。
豆をまくのは、「豆」が「魔目」と読め、鬼の目を意味すると言われています。

だから、鬼が登場するわけですね!!
今年の江頭家では、子ども達は、ペーパークラフトで鬼と豆入れを作り、
準備万端のようです(笑) あっ、豆用意してなかった(><)
あと、恵方巻きを食べるというのも、節分の行事ですね。
「豆まき」、「豆を年の数食べる」の次に「恵方巻き」が人気あるようです。
2015年恵方の方角は、『西南西やや西』です。
恵方巻
食べ方は、ご存じの方が多いと思いますが、
1.太巻きをひとりにつき1本準備する
福を巻き込むことから巻き寿司。
縁を切らないよう包丁を入れずに丸ごと1本。
七福神にあやかり7種類の具が入った太巻きが望ましい。
巻き寿司を鬼の金棒に見立て、それを退治する意味もあるらしい。
2.恵方を向く
恵方とは、その年の幸福を司る歳徳神(としとくじん。年神様の別称)
のいる方角のことで、その年の最も良いとされる方角です。
3.願いごとをしながら、黙々と最後まで食べる
しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまでは絶対に口をきいてはいけません。

これで夜ご飯になるからメニューを考えなくていいので、助かります(笑)
今年も食べて験担ぎしましょう。
PS.験担ぎの事を、ずっと縁担ぎだと思っていました。
   日本語は正しく覚えないといけないですね。

 

 

 

 

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る