オハナカラー スタッフブログ

瓦の縁切りの重要性について

福岡市・春日市・那珂川町・大野城市・太宰府市・筑紫野市を中心に
屋根・外壁の塗装工事、リフォーム工事を行っております
(株)オハナカラーラボラトリーの高比良です。

皆様、こんにちは♪
本日は、瓦の縁切りの重要性についてお話し致します。
瓦
新築時には瓦と瓦の重なり部分には隙間があり雨水の排出ができるように
なっています。
しかし築10年を目安に劣化を防ぐ為に塗装工事を行う方が
いらっしゃいますが、そこで注意が必要なことの一つが瓦の縁切りです。
瓦の縁切りとは??と思われる方が殆どではないでしょうか??
私も、塗装の会社で働くまでは全く知りませんでした。
縁切りとは瓦の塗装工事の際、人工的に瓦の重なり部分に隙間を作ることを言います。
きちんとした縁切りをしていない、重なり部分に塗料が密着させたままだと
雨水が排出できず毛細管現象が起き、瓦の裏に水が侵入。
そこから、瓦の野地板の腐朽・雨漏りの原因になっている例を私共は沢山みてきました。
この作業で、瓦の寿命が変わってきます。
重なり部分が塗料で埋まっている例をご覧ください↓↓


このような状態になっているお家は、要注意です!!
何か、ご自宅で心配なことなどございましたらお気軽にご相談ください☆
フリーダイアル:0800-200-3087まで!!

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る