オハナカラー スタッフブログ

下塗の重要性。。。

今日は筑紫野方面に建物の調査に2件行ってきました。。。一件はご紹介。。。もう一軒はお問い合わせ。。。感謝m(__)m

さて、今日は下塗の重要性について少しばかりお話させて頂きます。。。屋根・外壁塗装をする際に一般的には下塗・中塗り・上塗りという工程を行っていきます。。。が、、、付帯と呼ばれる軒天井や鉄部などはどうでしょう?錆びていないから錆止め(下塗)をしていないお家や、雨かかりがないから下塗を塗らないで軒天井の塗装がされていないお家を時々見ます。。。

鉄部に対する錆止めは、名前の通り錆を止める為の材料ですが、密着効果も上がるので、「錆びてなくても塗った方がいい」です。。。

軒天井に対する下塗は、確かに雨は直接かかる事はありませんが、「湿気」が上がります。。。塗っていない場合の劣化は剥がれ方を見ればすぐわかります↓
軒天
見積もりで金額比較をしがちだと思いますが、「どんな仕様で?」「どこまで工事を行うか?」をしっかり確認する必要があります。。。塗装はいくらでも誤魔化すことができるので、皆様もご自宅の事だけでいいので、しっかりと知識をつけ、業者さんと対等に話ができるように準備をしておくことをお勧めします。。。

福岡市城南区・早良区・南区・西区の屋根・外壁塗装/リフォーム工事/雨漏れの事でお困り・お悩み事がある方は戸建て・マンション・アパート・社屋ETC…問わずプロタイムズ福岡南店/㈱オハナ(式田)までお気軽にお問い合わせください→0800-200-3087

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る