オハナカラー スタッフブログ

遮熱塗装・塗り替えのことなら㈱オハナ カラー ラボラトリーへお任せください!

 みなさまおはようございます。
福岡市 城南区・南区を中心に屋根塗装・外壁塗装・塗り替え各種・防水工事全般・屋根葺き替え・外壁張替・内装工事・設備関係・アパート・マンション大規模改修工事・工場塗装 など建物の工事を施工させていただいております、㈱ オハナ カラー ラボラトリー の庄嶋 善則です。
プロタイムズ福岡南店です。
施工エリアは、福岡市・筑紫野市・太宰府市・大野城市・春日市・那珂川町・糸島市です。

 今日は連載シリーズです。塗り替え講座に参加された方々の質問に「何年おきに塗ればいいの?」とあります。今日は塗装時期の目安や、塗装サイクルについて書きます。
 建物の管理者によっては12年ごとに大規模な改修を行う。や、5年おきに鉄部は塗り替え、その他は10年おきに予定する。というようなサイクルが決まっている建物もありますね。しかし、住宅においては、いろんな形状がありますから、○○年サイクルで塗り替えを。と簡単に言えません。皆さんが、塗装工事をしようかなぁ、と感じるのは、明らかに汚れてきたり、色があせてきたり、苔などがついたり、変色してからです。防水性の必要性と防水力で塗装工事の時期を決めるとよいです。なぜならば、防水性が無くなり、屋根・外壁材そのものがお水を吸いだした時点で劣化が一気にスピードを上げるからです。
 年間200棟前後の建物を5年以上診断してきましたが、お家によっては築5年でも塗り替えたほうが良い建物から、築30年を超える建物で1度も改修工事をしていない・する必要のない住宅まで様々です。屋根の素材と形状。外壁の素材と形状、太陽光線の当たり方、雨水の当たる量。などそのお家によって違うのです。ただし、ほとんど軒の出ていない外壁が屋根の部分から雨が当たり、日差しも適度にあたるお家は10年サイクルで工事をされたほうがいいでしょう。あとの軒が出ている住宅は15年サイクル。外壁が全く雨水・太陽光線が当たらないのであれば、屋根のみ気を付けておくことです。毎年、屋根の上は点検を行うことがベストです。工事は10年以上のサイクルで、点検は毎年誰かが行う体制を作りましょう。

 それではみなさま、本日も宜しくお願いいたします。
ご不明な点、診断依頼、相見積 などなどお気軽にご相談ください! 
フリーダイアル 0800-200-3087

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る