オハナカラー スタッフブログ

塗料の耐久性

 みなさまおはようございます!
福岡市 城南区・南区を中心に屋根塗装・外壁塗装・塗り替え各種・屋上防水・屋根葺き替え・外壁張替・内装工事・水回り・アパート・大規模マンション改修工事まで建物の保護に対応させていただいております、㈱ オハナ カラー ラボラトリーの庄嶋です。いつもありがとうございます。

 さて、本日は塗料の耐久性について書きたいと思います。
一般的に使われているシリコン塗料は約7年程でチョーキング現象が起こります。
一番多く使用されている塗料になっていますが、最近では、フッ素塗料や無機系の塗料などが、耐久性が向上したものとして注目を集めています。フッ素塗料も10年経過しても塗膜の劣化は少ないです。しかしフッ素をしのぐ耐久性ということで無機塗料が存在しています。フッ素塗料の相場で無機ハイブリッド塗料が扱えるようになりました。塗膜自体の耐久性は15年や20年のスパンへ変化しています。是非無機系の塗料にも興味のある方は弊社へお任せください。

 今日は日曜日ですが、建物診断を2件行ってきます。
ご不明な点・診断依頼・相見積 等々お気軽にご相談ください!
フリーダイアル 0800-200-3087
IMGP8037

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る