オハナカラー スタッフブログ

台風の被害を塗装が防ぎます!今日も診断に打ち合わせに大忙し!

皆さんこんばんは! 
福岡市・筑紫野市・春日市・大野城市・太宰府市・那珂川町・糸島市にて塗り替え・リフォーム全般施工させて頂いております㈱オハナ カラー ラボラトリー・プロタイムズ福岡南店の庄嶋です。
台風が多いこの頃ですが皆様に何も被害が出ないことを祈るばかりです。福岡も今夜になって時折、強い風が吹き始めていますね。

台風についてですが、屋根の塗装で台風から屋根を守ることができるのか?というご質問に対してです。
塗装したての瓦は、塗料で瓦と瓦のつなぎ目部分を接着する働きが起こります。しかし、強風や、振動でその接着力も次第に低下し離れていきます。重要なのは下塗りと板金の釘やビス・ケラバの鋼板や瓦の状況、瓦止めです。
接着剤のような下塗りをしっかり塗ることにより小口部分の浸透量が多くなります。よって隙間部分の接着する部分が多くなります。
棟板金やケラバの板金のある屋根は釘抜け現象や、鋼板の折り曲げ角度によってはブカブカと鋼板に隙間が存在し、そこに風が入って板金が飛び次に瓦が飛び出す被害へ繋がります。よって、釘抜け現象部はビスへの交換や、新築時からのしっかりした釘にも塗膜とは別にシーリングを打ち補強することが重要です。
セメント瓦や粘土系の陶器瓦やいぶし銀瓦なども端部の瓦を瓦止め施工するのはそのためです。
瓦止め工事も私たちはプロです!
 もし、それらの事について何も知らない業者、知っていても教えてくれない業者の施工は、当然、施主様が、後悔する可能性が高いでしょう。全てではないのですが、診断内容や診断報告書、見積り内容がどれだけ重要なのかがわかります。より安く、より品質も良いものがいいのは当たり前です。しかし、良い工事か、悪い工事かは、数か月・数年後しか分からないのが現実です。

 今日の診断では綺麗な花やホタル、とてもかわいいトイプードルに出会いました。
IMGP5068
私は詳しくはないのですが、自然が好きなようです。将来は自然を、天然を活かす仕事にも挑戦したいです。

本日も皆様に、この環境に感謝です。

お電話・メールともにお気軽にお問い合わせください。|0800-200-3087(受付時間9:00~18:00)
ページの先頭へ戻る